Meisterin  Yuko   deutsch japanisch

サービス

個人・法人を問わず、お客様のご希望とニーズに合わせたサービスを提供させていただきます。製パン・製菓関係の専門知識と独自のネットワークで、そ れぞれのお客様ぴったりのドイツ滞在をご提案、そしてサポートいたします。お見積もりさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。


Laminator     Volumenmessgeraet  Holzbackofen  brot

お客様の声

Frau Miyama(ドイツ旅行中の短期パン研修を手配させていただきました。)

10月になってやっと取れた遅い夏休み。 せっかくだから昔留学していたドイツに行って、本場で趣味のパン作りをしたいと思  い、インターネットで調べたところ、新原様のサイトに出会いました。 私がお世話になったのは、Frankfurt郊外にあるパン屋さん。シェ フのEngelhardtさんと日本人スタッフの杉沢さんのもと、数え切れないほどの種類のパンやケーキの成形・飾り付けを体験しました。中でも一番興味 深かったのは、最後に作ったRoggenbrot。日もちする少し酸味のきいたドイツの典型的黒パンの美味しさは、日本には滅多にな い材料に 秘密があるかもしれないことを知り、文化の深さを感じました。2日間という短い間でしたが、とっても充実して楽しい思い出となりました。また機会を見つけ てもっともっといろんな種類に挑戦したいです。本当にありがとうございました!! J.M.様 (写真 右) 

(2008年1月14日)

(フランクフルトでパン教室にご参加いただきました。)*現在、こちらのプログラムは開催されておりません。

先日のパン教室、ありがとうございました。とても温かく、熱心に教えていただき素晴らしい時間を過ごせうれしく思います。ドイツにいても、マイス ターにパンが習えるなんて、なかなかできないことだと思います。どんな観光よりも楽しい体験になりました。このようなすばらしい企画をまたたててもらえる とありがたいです。
内容は、1回目ヴァイツェンミッシュブロートと飾りパンでした。初めてのサワー種を使ったパン。生地は思ったよりベトベトしていて、こねるのが難しかった です。粉の種類や、発酵の過程など分かり易く説明してもらい、発酵の合間に飾りパンも作らせてもらいました。持ち帰った自分のパンを食べてみて、適度な酸 味と香ばしい風味で、ドイツのパンがこんなにおいしいなんてと本当に感激しました!2回目はブレーツェル、小型パンと飾りパンでした。いつもパン屋でみて いるパンが、こんな風に成形されているんだと初めて知りました。ブレーツェルは塩のほかにも砂糖をのせて焼いたり、小型パンは、ゼンメルや花形・サッカー ボールなどの形に、けし・かぼちゃの種・ひまわりの種・ごまなどたくさんのトッピングをして、お土産にたくさんいただきました。3回目は甘めの行事パンで した。マイスターにニコラウスやぶた、うさぎ、あひるなどいろいろな形を教えてもらい、皆時間も忘れて思い思いに成形していました。成形は難しく、発酵し て焼くとふくらんで思った風にはできませんでしたが、持ち帰ると可愛いパンに子供達も大喜びでした。
お店のザワータイクをいただいたので、家でヴァイツェンミッシュブロートを作ってみました。予想以上にうまく出来てうれしかったです。他のパンも忘れない うちに作ってみます。またこのような機会があれば是非参加したいと思います。本当にありがとうございました。 A. N.様  

(2008年1月24日)                    

(ご要望に沿ったパンの研修先を探すお世話をさせていただきました。)おのさん

2007年11月8日から新原様に紹介していただいたドイツのベーカリーで働いています。今まで日本で働いていた会社はとてもよかったのですが、シ フト勤務で体調を崩してしまったことと、日頃のストレスから「このままの生活でよいのか?」と考えるようになり、30歳目前にやりたいことをやろうと決意 し、7月末日にワーキングホリデービザでドイツにやってきました。ドイツで興味のあることは、体にやさしい環境、食品、生活。もともと物を作るのが大好き で、ドイツ滞在中に私の興味あることと趣味に関連するものをやりたいと思ってインターネットで調べていました。私の趣味の一つがパン・お菓子作りなので、 偶然にも新原様のホームページにたどりつきました時、彼女の経歴が今の私にとても似ていて共感をもち、即私の現状とパンに興味があること、パン作りができ る場所を探していることを相談しました。数日後、新原様から相談にのってもらえるとのご連絡を受けたときは、目の前が明るくなった気がして、飛び上がるく らいうれしかったです。その後新原様にお会いし、再度私のやりたいこと、パン研修の要望などを話したで、研修先を探してもらいました。1か月たたないうち に研修先をみつけてくれて下見に行った時は、直感で「ここに住みたい!」と強く思いました。気持ちには逆らわない私なので、見学したその日に働く決意をし ました。

現在、深夜2時もしくは4時に出勤し、毎日パンをこねたり計量したり掃除をしたりとパン生地に触れない日はほとんどないくらい楽しく働いています。 スタッフの人たちもドイツらしくなく(?!)陽気な人たちばかりですが、私に教えるときはしっかり教えてもらっています。まだ「研修生」で働いていますが、 パン作りだけでなく知識も勉強したいと決意したときにはゲゼレ取得をめざして勉強したいと思っています。新原様に相談したことがきっかけで人生がまさに変 わろうとしています。彼女には心から感謝すると共に、しっかり技術を身につけようと思っています。また、このご縁をいつまでも続けていきたいとも思ってい ます。これからもよろしくお願いします。 おの ゆきこ様 (写真右上)

(2008年1月5日)